紫色が好きです

紫色が好きです

Instagramのはなし

この記事を読んだ。

appmarketinglabo.net

もちろんあくまで一例であるという前提のもとは忘れないようにした上で、少し思ったことを書く。


1.インスタはもう「キラキラ専用空間」ではない。 

インスタって前までは「オシャレな写真だけ」を載せるキラキラ空間だったんですけど、最近は「日常の写真を載せるSNS」に変わってきていて。 大きかったのは「ストーリー」です。みんなコレが出てから「臨場感」を伝えるようになった。その場で撮った写真や動画をあげるクセができた。 ストーリーの中身は、「美味しいご飯」が圧倒的に多くて、2番目が「友達とはしゃいでるなう」みたいなやつ、3番目は「目の前にある風景」とかが多いかな。

トーリーが「臨場感を与えるから」使われているというところ、自分の環境では違っていたので意外だった。
というのも、自分の環境下から鑑みて、ストーリーは「考えずに使えるから」というのが一番の理由であると感じているからだ。 ストーリーはInstagramサービスの利用のハードルを大きく下げたもので、フィルターやトリミングの必要が無くて多少品質が荒くても許されるから使われているように感じていた。というか、実際自分はそういう心持ちで使うことが多い。

まぁこのあたりのことは引用元記事でも

インスタの、ここ1年のアップデート内容をまとめてみると、「投稿のハードルを下げる」という一言に集約されているように感じました。

と言及されているので、まぁそういうことなんでしょうねという感覚。


2.写真は全部インスタ。(3,4,5章含む)

これらの章はあくまで一例というか、そういう世界があるんですねという認識でしかない気がする。インタビューの受け手が女子大生という主語の大きい表記なのが心配。まぁ見識は広まって良かった。いろんなユーザーがいるもんだ……


6.着物をきたがるのは「インスタに載せるため」(7,8章含む)

Instagramが広告になってたり、広告として他媒体が利用するのは経済回って良いですねっていう感じなんだけれど、
そんなことよりも、「着物をきるようになった」とか「旅行にいってみた」とか「撮影への関心」とか、そういう新しい体験を(間接的にとはいえ)ユーザーに提供してるのがすごいと思っている。それがたとえ一時的なブームだとしても、知らないから知っている(0が1)になったのは良い傾向だし、そういう"新しい体験"との出会いがある点が、なによりインターネット的だし、僕の好む他人の日記と似ていて気に入った。


7.ロッカーサプライズ

インスタでちょっと流行っているのが「ロッカーサプライズ」です。 これはロッカーの中を「お菓子や折り紙」でかわいくデコって、誕生日の人に開けてもらって「おめでとう!」ってやる。 準備がすごい簡単だし、あまりお金もかからないし、サプライズってことがバレづらい。空き教室とかのロッカーでもできますし。 それから、サプライズって「リアクション」が大きいから動画で映える。だから、こっそり動画で撮っておいて、後からインスタにあげるのも楽しい。

で、まぁコレなんだけど、端的には最悪っぽい。
こういうサプライズが名称を得て手法として定着した段階ですでに危険なんだけれど、サプライズが目的じゃなくて、ストーリーのためにサプライズしているのが良くない。目的が自分のための行為をサプライズとは言わない気がする。当事者が幸せならそれにこしたことは無いけれど、あくまで女子大生という人曰くちょっと流行っているのであって、ともすれば流行を助長する内容にとられかねないのでマズイ気がした。
といってもコレも部外者の考えなので、是非今度はロッカーサプライズを受けた側にインタビューしてどんな感じなのか聞いてきて欲しい。


10.GoProは「究極の自撮りカメラ」である

最近の女子大生はGoProまで買うんですか…スゴい。クソ高いガジェット買って無料のサービスに投稿するのはよくあることだけれど、無料のサービスに投稿するためにクソ高いガジェット買うのはスゴい。前述の内容も含めると、目的が入れ替わっている感じがあってパワフルみがある。SNSの最初のSが内に向いているのに最後のSが流行るのがどういう具合に起きてるのか俯瞰して見てみたい…




またインターネット言及おじさんになってしまった…
でもオープンインターネットとはいえ、個人の日記という形態で言及しているので、勝手に許されていると思ってここらで筆を置く。